浮気調査とは

浮気調査ってなに?

「夫(妻)の様子がちょっとオカシイ」。「最近、恋人が冷たくなった」。そんな時、「浮気」の二文字が頭に浮かぶのでは無いでしょうか。浮気を疑った場合、貴方は黙っていますか?黙っていられない!そんな時、配偶者、婚約者、恋人の行動を監視し、浮気や不貞行為の証拠を収集し、その事実を確認する為に実施される行為を「浮気調査」と呼びます。もっと分かりやすく言うと、浮気調査とは、浮気をしているかもしれない対象者を「 シロ 」か「 クロ 」かを見極める調査と理解するとよいでしょう。

浮気調査の目的

浮気調査を行うのは、もちろん片方が行う場合もありますし、専門の探偵に依頼することも多くあります。浮気の証拠をとることが浮気調査の目的ではありますが、まずは「対象者が浮気をするか、しないかを確認する 」それが本来の目的になります。ですから、浮気調査をしている間に対象者が浮気をしなかったとしても浮気調査が失敗ではありません。だってその時は、「浮気をしていない」という嬉しい事実が判明するからです。逆に、手元に「証拠がある」場合、「浮気を止めるように話し合う」「相手に別れるように話し合う」や「慰謝料請求して離婚する」など、の選択肢が広がっていくでしょう。

浮気調査における浮気の証拠とは?

「浮気の定義」。これは本当に人によって主観が異なります。「二人で食事に行ったら浮気!」なんて軽いものから、「手を繋いだら浮気!」、「キスしたらアウト!」なんて人もいますが、法的に「手をつなぐ」や「キスをする」という行為は証拠能力しては弱く、やはり「ラブホテルへ入っていく」や「ラブホテルから出てくる」といった映像・写真がいわゆる「浮気(不貞行為)の証拠」として認められます。同じホテルでもシティホテルなどの場合は決定的証拠とはなりにくいのです。浮気調査で最も大切な事は、誰が見ても二人が浮気・不倫関係に見える証拠を掴む事です。もし離婚を決意し、不貞行為の慰謝料を請求しようと思うのであれば、浮気の証拠がしっかりとしたものでないと、勝てるものも勝てなくなってしまいます。多くの人は「相手が嘘をついて異性と2人っきりで食事をしていた」と事実があれば「浮気だ!」と思ってしまうでしょうが、法律上の「浮気」の定義はちょっと違います。ここでは法律上、浮気(不貞行為)とみなされる「浮気の証拠」について分類したいと思います。

誰もが「浮気」であると認める証拠【裁判・調停にも有効】

ラブホテルに入る&出てくる・・・第三者から見た場合、浮気指数100%
数時間の滞在でも完璧な証拠です。「数分で出てきた」などの場合を除き、世間一般的に「ラブホテル」でする事は一つと認識されていますので。
カーセックスなど屋外での性行為の様子・・・第三者から見た場合、浮気指数100%
キスだけでは法的な証拠になりませんが、性行為を確認できる映像があれば、証拠として申し分ありません。
異性宅での宿泊・シティホテルで宿泊・・・第三者から見た場合、浮気指数70~90%
弁護士・調停員によっては複数回の証拠が必要になることもありますが、短時間の滞在と違い、『宿泊』は立派な証拠になります。「ラブホテルへ行く」に比べればやや証拠能力は落ちますが、男女が一つ屋根の下に泊まるという事は、そう思われてもやむを得ない状況だといえます。

「浮気の証拠」としてはやや弱い証拠【複数回の証拠が必要】

シティホテル・異性宅での滞在・・・第三者から見た場合、浮気指数40~60%
「ラブホテルに入った」に比べれば「浮気の証拠」としては弱いです。特に短時間の滞在では「打ち合わせ」や「相談事をしていた」など、言い訳も出来ますので。もしラブホテルを利用しない不倫カップルなら、このような証拠を積み重ねていく必要があります。
抱き合う・キスをする・・・第三者から見た場合、 浮気指数20~60%
親密な関係に間違いないですが、肉体関係を証明する証拠には今ひとつです。「挨拶がわり。ふざけていただけ」という言い訳もできますし、ただの一つの材料とはなりますが、キスの映像を10回撮影しても、残念ながら法的な浮気の証拠にはなりません。

「浮気の証拠」とはいえない証拠【浮気だと断定出来ない】

怪しいメールや怪しい領収書の履歴・・・第三者から見た場合、浮気指数30~80%
完全な浮気の証拠と併用すると、信憑性の高い浮気の証拠にはなりますが、逆にこれらの証拠は単体で見ると「浮気の証拠」とはいえません。夫婦間での話し合いなら、ある程度の武器になりますが、いざ調停・裁判になるとこれだけの材料で戦うのは厳しいです。
二人で食事・買い物・ドライブや遊園地へ遊びに行く・・・第三者から見た場合、浮気指数0~10%
このような証拠は回数を重ねても「不貞の証拠」とはならず、残念ですが「浮気の証拠」とはいえません。
腕を組む・手をつなぐ・・・第三者から見た場合、浮気指数10~20%
確かに親密な関係にも取れますが「スキンシップの一つ」、「足をくじいただけ」など、いくらでも言い訳ができてしまいます。

浮気調査で「浮気の証拠」を見つけたら?

では、浮気調査で万が一「浮気の証拠」を得た場合、どういった使い方が出来るのでしょうか?一緒に考えてみましょう。

(1)「浮気の証拠」を元に相手と話し合う。浮気を止めさせる。

特にそれまで「証拠でもあるのか!」と逆切れ気味で浮気を否定していた人こそ、有効な方法です。確実な浮気の証拠」を突きつけられた場合、男性の場合は観念して浮気を止める可能性が高いようです。ですが、女性の場合、逆に開き直るケースもあるようです。じっくり話合い、今後について話し合いましょう。

(2)「浮気の証拠」を元に離婚する

以前から浮気している気がしていたなら、相手から「性格の不一致」等の曖昧な離婚原因で離婚するより、しっかり「慰謝料」を請求して、新たな生活に備える方が得策です。「浮気→離婚」と決断される方は子供のいない女性や、やはり、浮気は許せないという気持ちや行動力のある女性に特に多いです。

(3)「浮気の証拠」を元に相手の浮気相手に慰謝料を請求する

慰謝料請求と聞くと、相手と浮気相手に請求するものだと思われている方も多いですが、「相手を愛しているので離婚はしたくない」、「子供がいるので我慢して離婚しない」などの理由で結婚生活を続ける事になった場合、今後の結婚生活を考慮して浮気相手にだけ慰謝料を請求するのも選択肢の一つです。自分が慰謝料請求されるなどの「法的手段」を目の当たりにした時に、初めて自分のしていた事の重大さに気付く浮気相手も多いです。配偶者には慰謝料を請求せず、浮気相手にのみ慰謝料請求する方法もあるということを覚えておきましょう。

(4)自分から離婚する意思は無いが、相手から離婚を言い渡された時の為

これはちょっと少ないケースかもしれませんが、「自分から離婚する意思は無いが、何かの拍子で相手側に離婚を言い渡され、自分が家を出ていく」という最悪の事態になった場合を恐れて、保険として浮気の証拠を持っておこうというパターンです。今現在、浮気はしているような気はするが、生活費は十分に入れてくれ、現状の生活レベルにも満足している、家庭のことはしっかりやってくれているなど、少々の遊びには見て見ぬふりをしている・・・という方に多いようです。

浮気・不倫をする人

不倫は今や特別な事ではありませんが、不倫とは全く無縁の人も沢山います。世の中に独身者はこんなにも沢山いるというのに、不倫関係に陥る男女がいるのは何故でしょうか。不倫をする人としない人の違いは一体どこに?不倫をする人にありがちな特徴はある?ちょっと気になり、調べてみました。

男性の浮気・不倫と女性の浮気・不倫

イスラム圏では「一夫多妻制」もありますし、そもそも倫理は、人間が勝手に生み出した考え方です。もしかしたら、広大な宇宙のどこかでは、全く別の価値観が存在しているかもしれませんが、現代社会の日本において、不倫は、その言葉からもわかるように、倫理に反したことと見做されます。そんな不倫ですが、男性と女性では浮気・不倫の違いはあるようです。

男性の浮気・不倫

  • 「浮気」にのめり込んでしまい、家族を放ったらかして、他の女性と遊びまわっている人・・・浮気調査の対象となる場合が多い。「家庭崩壊」につながる可能性が高く、離婚に至るケールが多い。
  • 最近、帰りが遅い。なんとなく女性の影が見えるなど、浮気しているような気はするが、ちゃんと生活費は入れてくれるし、家族にも優しいなど、「家庭」と「遊び」を両立できる人・・・浮気をされている妻が「今の生活に満足をしているので、多少の遊びには目を瞑る」と、夫婦関係が続く場合もある。

女性の浮気・不倫

  • 「浮気」にのめり込んでしまい、家族を放ったらかして、他の男性と遊びまわっている人・・・男性に比べ、女性でこちらのタイプの場合、もはや「浮気」ではなく、「本気」であるパターンが多いので、非常に離婚の確率が高くなります。
  • 最近、メイクや下着が変わったなど、浮気しているような気はするが、良き妻として、心配りが出来て、ちゃんと家事・育児はしてくれているなど、「家庭」と「遊び」を上手に両立できる人・・・こちらは逆に今の生活を壊したくない。という現れですので、夫婦関係が続く場合は多いようです。

「浮気かも」と思ったら浮気調査を

どちらにせよ、「浮気かも」と思ったら、まずは現実を見るためにも、浮気調査が有効でしょう。どこまでも現実の世界である「結婚」と、浮気相手と過ごす「恋人のような楽しい時間」。浮気のつもりが「いつか本気に」そして見過ごせないぐらい今までと違う行動を取っていくのです。

不倫・浮気をしやすい人

浮気や不倫をする人が、不倫関係に何を求めているかにより大きく異なりますが、「不倫をしやすい人」とうのは存在します。運命学的に見れば、宿命に複数の異性が現れるという、宿命的に不倫エネルギーを持って生まれてくる人も少なからず存在するそうです。不倫をしてエネルギーを消化することが、むしろ宿命通りの生き方となり、幸福感を味わえることもあるのです。こうした人は、本人の意志や性格に関わらず、必然的に浮気・不倫関係に陥るチャンスに恵まれるので、どうしても異性関係が豊かになりやすくなります。それ以外の殆どの人は、普通に真面目に生活している人たちで、ちょっとしたきっかけから、浮気をしてしまったり、浮気・不倫関係にはまってしまったという人が大多数なのではないでしょうか?ですから、不倫する人の特徴も不倫の数と同じだけあるのかもしれませんね。世間一般的には、下記のような人が「浮気をしやすい・不倫をしやすい」人だと言われています。

  • 恋に恋するタイプ
  • 隣の芝が青く見える人
  • 隙のある人
  • 自己愛が強い人
  • 自分だけよければ良いという人
  • 口先だけで、他人に責任転嫁をする人
  • 家庭環境に問題がある人
  • 自意識過剰な人
  • 自分が認められないことに恐怖を抱いている人
  • 計算高い人
  • 何でも自分の物にしたいと思う人
  • 頭が悪い人

実際に浮気・不倫をしている人たちが上記のような「浮気・不倫をしやすい」特徴を持っているかといえば、決してそうではありませんが、世間のイメージ通り?なかなか悪口ばかりですね。確かに不倫は許されるものでもありませんし、不倫関係が家庭や周囲に及ぼすマイナスの影響を考えれば、こんなイメージになってしまうのも仕方がないとは思えます。