浮気調査に使えるアイテム

自分で浮気調査をする時に使えるアイテム

自分で浮気調査をする場合、少しのアイテムを揃えるだけでも自分で浮気調査を行うのがスムーズに行えます。探偵に頼まないのであれば、自分でできる限りのことをして浮気の証拠を手に入れるには、どうすれば良いのかを考考える必要があります。自分で浮気調査をする場合に、役立つのが、様々なアイテムです。程度のアイテムが揃えばかなりプロに近い調査ができるようになりますので、是非揃えましょう。ただし、見つかってしまうとパートナーに逆切れされた上に警戒されてしまいその後の調査ができなくなってしまうので、くれぐれも慎重におこなうようにしてくださいね。

  • カメラ
  • 携帯電話
  • GPS発信器
  • ICレコーダー
  • 変装用の衣服・装飾品

カメラ

浮気調査をする上で一番重要なのがカメラです。普通のデジカメで問題ありませんが、デジカメの使い方に自信が無い人は、インスタントカメラも併用すると良いかもしれません。ズームのやり方、証拠メールなどを撮影するときの接写の方法、フラッシュのオン・オフの方法など、普段使っていないといざというときに手間取ってしまってシャッターチャンスを逃してしまいます。普段あまりデジカメを使わない人は使い方を確認しておきましょう。まずは、浮気調査で使うカメラについて個別にご紹介します。

小型カメラ(スパイカメラ・偽造カメラ)
小型カメラは種類が豊富でカメラをそのまま小さくしたタイプのものやボールペンやライターや置時計に内蔵されたもの、シャツの内側に取り付けボタンに見せかけるものやメガネのフレームに内蔵されたメガネ型のカメラもあります。鮮明度が高くないのが欠点ですが、接近しても撮影していることを知られずに浮気調査を行うことができます。対象者に一番バレにくいのがこの小型カメラでしょう。
望遠レンズ
機材が大きく目立っても高性能のカメラを使えば遠くから対象者にバレる心配がなく証拠を取得できます。プロは高性能の望遠レンズを使用して撮影します。探偵事務所によっては100倍ズーム以上の超望カメラを使い1km以上先でも対象者の表情が鮮明に写すことが可能のようです。
スチールカメラ
一眼レフカメラなどは大きくて目立ってしまいますが、最近は高性能なカメラがあるので、画素数が高く、暗視カメラや望遠レンズで対象者の顔がわかりずらい暗い場所や遠くからでも本人を識別できる写真が撮れるカメラもあります。
暗視カメラ
夜間に浮気することが多いので、浮気調査では暗視カメラが活躍します。暗視カメラは暗闇の中でもわずかな光を感知することで撮影出来るので、浮気調査には大変役立ちます。
ビデオカメラ
浮気調査ではカメラだけではなく、ビデオカメラを使うのが一般的です。写真は鮮明度が高いものの、取り逃がすことがあるためビデオカメラが役立ちます。対象者の行動を映像で記録し、その映像を収めたビデオテープやDVDなどで証拠として提出できます。

携帯電話

現在、携帯電話はガラケー、スマホを含めてみなさんお持ちだとは思いますが、携帯電話は浮気証拠を撮るカメラとしても、レコーダーとしても使えるので必ず用意しましょう。ただし、アプリのレコーダーはやはり性能的にはかなり劣ります。また、おすすめは、相手と同じ機種です。同じ機種なら操作方法も同じですし、普段から操作に慣れておけば携帯の浮気チェックもスムーズに出来ます。

GPS発信器

GPSは人工衛星を利用し位置を割り出すシステムで、遠隔でもパソコンや携帯などで取り付けた車両の位置情報を知ることができます。このGPSを相手の車両などに取りつけて尾行や追跡します。専用のものを用意し、合わせて、GPSロガーもあると良いでしょう。普通のGPS発信器の場合は自分で検索して確認しなければなりませんが、そこまでパソコンの前に貼りついていられない人はロガーを使いましょう。GPSロガーというのは位置情報を記録してくれる機能を持ったGPS機器で、どこを通ってどこへ行ったのかが一目瞭然になります。

ICレコーダー

浮気調査にはICレコーダーも欠かせません。音声を録音することができるICレコーダーは有効な浮気調査で浮気の証拠が得られます。部屋にしかければ知らずに浮気相手としていた電話の内容がわかります。車の中に仕掛けておいて会話を録音しておいたり、浮気の証拠をとってからでも、切り出すときに録音しておけば自白を記録することもできます。このように、こっそり忍ばせておけば、浮気関係にある2人の会話がまる聞こえですので、親しい男女がするような発言やいつどこで会うかがわかる情報も知ることができます。会話の内容からどこへ向かっているのか知ることができる場合もあり、相手には知られずに追跡調査がしやすくなります。

変装用の衣服・装飾品

サラリーマンを装ったスーツやきちんとして見えるジャケットや休日時のカジュアルな格好やさえない感じの地味目の服装など、場所と時間帯に合わせて変えます。何を使うかはその時の状況によって変わってきますが、主に邪魔になりにくく目につきにくい小型のものが適しています。変装で「カツラやウイッグを使わないの」と思いますが、カツラって変装はできるけどどこか不自然さを覚えますよね。その不自然さが気になって印象に残ってしまう恐れがあるので、あまりオススメ出来ません。場合によっては作業服を着たり引っ越し業者の制服を着ることもあるでしょうが、対象者の印象に残りにくい自然な格好をします。よくテレビドラマで見るサングラス&マスクは禁物です。顔がバレれてはいけないからとはいえ逆に目立ってしまいつけられていると怪しまれ、張り込みなどしていれば通報される危険もあります。いわゆる「変装」だからと言ってもコスプレみたいに大袈裟に身なりを変える必要はありません。中でも簡単に印象を変えてしまう三大変装アイテムが「黒縁メガネ」「つばなしの帽子」「上着」です。特に黒縁眼鏡はサングラスほどインパクトがない上に、かけた時とかけていない時とで、印象ががらっとかわります。コンパクトに折りたためるつばのない帽子は、すぐに出したりしまえたりして便利です。上半身の割合を多く占めている上着を脱いで着ている服のカラーが変われば、ぱっと見同じ人物だと判断しづらいです。どれもとても簡単なのでご自身で浮気調査をする際には、用意しておきましょう。

その他のオススメアイテム

スマートフォン
携帯電話やスマホには連絡を取る以外に位置情報を調べたりカメラになったり利用用途が広く、浮気調査では欠かせないアイテムです。
充電器
携帯電話やカメラのバッテリーが途中で切れてしまったら撮れるものも取れないので、必須アイテムです。
地図
尾行する際対象者を見失うこともあるので、ルートや交通機関など地域情報を知っておく必要があります。対象者の行き先を予測したり先回りすることもできます。
ICカード
PASUMOやSuicaなど買う手間を省けるICカードが重宝します。交通機関を使う時に切手を買うのにてこずって見失わないために必要です。
免許証
職務質問にあうこともあるため身分証明として、車の追跡などには車の免許があると便利です。
折り畳み傘
急な雨の時や護身用に小型のものが役に立ちます。
懐中電灯
夜に住所や車のナンバーなどの確認をするため、あると便利です。