探偵の料金

浮気調査の料金はどれくらいかかる?

ドラマや小説の世界ではお馴染みの探偵ですが、周りに探偵の人がいるという人は少ないのではないでしょうか?また、実際の探偵の業務内容を知っている人もあまりいないと思われます。なにより、一番疑問なのが料金体系ではないでしょうか。実際に浮気調査を依頼しようと思っても、料金については特にイメージがつかないと思います。なぜかというと、そもそも、多くの方が「探偵に調査依頼するなんて一生に一回あるか無いか」ですから、当然とも言えるかもしれません。残念ながら、探偵の調査料金は「いくら払えば、どのくらいの調査をしてもらえるのか?」に答えられる方はほぼいないと言えるでしょう。ここでは、探偵に浮気調査をした時に料金についてご紹介したいと思います。

浮気調査の料金の目安

浮気調査は「尾行・張り込み」が前提となるので、調査相手に万が一見つかってしまった場合、以後の浮気調査の継続が出来なくなってしまいますし、探偵にとっても、軽犯罪法の「つきまとい行為」に該当する可能性もありますので、浮気調査で探偵を選ぶ際には、信頼の実績・技術がある探偵を選ぶことが大切です。さて、気になる探偵の浮気調査の金額ですが、各業者によってかなり異なっているのが実情です。大体の目安のご案内となってしまいますが、浮気調査の費用は、1時間当たり1万円位×調査時間×日数×調査員数+経費(交通費等の実費)ぐらいの金額なら、割と普通の料金設定の探偵業者だと思われます。この金額は、調査の期間が長くなると割引料金が適用されて、1日当たりの単価が下がる探偵や興信所などの調査会社等もあります。

探偵の浮気調査の人数

一般的には調査員を2名から3名、特殊な案件の場合で難易度が高い場合でも4名程度というパターンは多いようです。中には案件に限らず、調査員4名又は5名からという探偵もありますが、調査員の人数が増えれば増えるほど、料金も高額になるのが通常ですので、金額に関しては事前にしっかりと確認しましょう。

探偵の浮気調査の時間と期間

探偵業者によって契約時間や期間は異なりますが、多くの探偵が採用している契約時間は、1日3時間から1日5時間からの開始とし、中には最低の契約単位が1日8時間から10時間というところもあります。期間に関しては1日単位からの契約を受け付ける探偵もいますし、最初から1週間単位での契約を前提としている探偵、中には数か月単位で契約する探偵もいます。

浮気調査の探偵選びのポイント

  • 一口に探偵といっても、それぞれ浮気調査に関する知識や技術、対応などには差があります。また、どの団体に加盟しているかや業者の規模なども異なりますので、その点もしっかり考慮しましょう。
  • 浮気調査を依頼する側としては、キャンセルに関しても事前にきちんと説明を受けて、調査開始の前日までにキャンセルをしても、キャンセル料がかからないように契約するなど、事前に話し合っておくのが良いでしょう。ただし、その場合でも当日の急なキャンセルや既に経費を要している場合などは、キャンセル料やかかった経費等は必要となるでしょう。
  • 料金体系は業者によって様々ですので、複数の探偵業者に見積もりを出してもらい、期間、内容、料金をすべて比較して選ぶことが大切でしょう。

浮気調査の探偵選びの注意点

探偵によっては浮気調査に関して「成功報酬制」を売りにしているところもあります。「成功報酬性」と聞くと安心してしまいがちですが、その技術緑や内容、料金に関してはそれぞれ異なります。また、成功の基準も「裁判で有効になる浮気の証拠の確保」までの保障では無かったり、初めに見積りで聞いていた浮気調査料金に成功報酬額がプラスされる業者もありますので、注意しましょう。もちろん、優良な浮気の証拠が取得できた時に適正な金額の成功報酬額を支払うような良心的な探偵業者もありますので、慌てず、慎重に選びましょう。

探偵の見積りの出し方

どの探偵でも、浮気調査(素行)の見積りの際には、調査人数や期間(時間)等を細かく依頼者と話し合います。基本的に下記の項目をもとに費用を算出します。逆に言うと下記のような項目の確認がないまま、見積り額を提示したり、浮気調査を請ける探偵社は、後から別料金が発生したり、料金自体が相場より高額だったりする場合もありますので、気をつけましょう。

【何を?】
まずは浮気調査の目的です。浮気調査であれば浮気が可能な時間帯だけ調査するなど、どのようなことを調べたいかにより、調査(監視)する期間(時間)を絞り込み費用の無駄も省けます。もちろん多くのことを何でも調べようとすると監視時間も長くなり費用も高くなります。
【誰を?】
浮気調査の対象者(調査をする相手)のことです。対象者の情報は細かく(性格・帰宅時間・車の有無・行動パターン等)、情報を話合い、浮気調査の参考にします。
【いつから?】
調査を開始する日と時間を決めます。
【どこから?】
調査を開始する場所です。自宅、駅、勤務先など、対象者を捕捉できる場所が一般的です。
【どこまで?】
帰宅したら、会社に着いたら、電車に乗ったら、相手と別れたら等、どの時点で、浮気調査を終了するかを決めます。
【どのくらい?】
朝から帰宅時までの●時間、退社時から帰宅時までなど、浮気調査の時間を決めます。
【どのように?】
事前に準備が必要な場合もあります。対象者の移動方法(手段)のことです。車で通勤、電車で通勤、行きは自転車で帰りは徒歩等。
【いつまで?】
浮気調査を終える時間と日程を決めます。

契約時の注意点

さて、料金も内容も納得のいく探偵社が見つかり、「いざ、契約!」となった場合。まず、貴方が依頼する側が探偵調査業者を判断する基準の1つとして、法律に基づいて契約が行われているか、また、適法に営業活動が行われているかという点を確認した上で契約する必要があります。実際の契約の際には、必ず以下の点を確認しましょう。

  • 強引に契約しようとしていないか・・・金額のことしか考えていない、いい加減な探偵業者の可能性が高いです。強引な探偵は避けましょう。
  • 契約書に代表者の名前と、契約担当者の名前が記載されているか・・・基本的な事ですが、必ず確認しましょう。
  • 事務所の所在地を確認する・・・当然ですが、所在地が不鮮明な業者はNGです。
  • 振込先の口座名義と事業所の名前が一致しているか・・・別の名前である場合、疑ったほうが良いでしょう。
  • 探偵業の届け出を行っているか、その番号を確認する・・・探偵業の届出を行っていなければ、探偵業を営むことが出来ませんので、違法の探偵社ということになります。
  • 法律に基づき、重要事項説明書を含む契約書類の交付があるか・・・こちらも法律で定められています。

良い探偵社を選ぶために

「探偵」という、普段馴染みのない業者を選ぶわけですから、最初はわからないことだらけだと思います。周りにも「探偵を使ったことがある」と公言している人は少ないと思われますので。ですが、この情報社会。事前に下調べはいくらでも出来ますし、最後には実際に会った時のインスピレーションと、このサイトで学んだことを生かして頂ければ、「良い探偵」に出会えると、私はそう信じています。